TOPページ > 2006年 J2 第13節 ヴィッセル神戸戦
最終更新日:2006年5月7日

Jリーグ ディビジョン2 第13節 / 2006年5月3日(水) 平塚競技場 14:04 KickOff
湘南ベルマーレ 対 ヴィッセル神戸 / 2-0 で勝ち
(4ゲート席にて観戦)

 第1クール終了です


 前回のあらすじ

上位を走る横浜FCを叩くべく三ツ沢に乗り込んだ我らが湘南ベルマーレ。
神奈川ダービーらしく激しい、しかし見所のある好ゲームが展開された。
「こりゃあウチが何処まで粘れるかだな。ミスか、セットプレーで勝負が決まりそう」
スカパー越しに戦況を見守る私の想いが通じたのか、勝負の行方はこの二つがセットとなって決まってしまった。

ああ、小林よ。
今日の戦犯はキミだ。間違いなくキミだ。
なんだあれは。情け無いというか恥ずかしいミスだ。

おおよそプロの、いや、高校クラブのレベルであっても見ることが出来ないような、
「ありえないミス」
だ(ボールをキャッチしたままPAのラインを自ら踏み越えてしまい、相手にFKを献上。それを直接決められて先制される)。

唖然とする周囲を余所に、試合は続く。
ありえないミスで先制された湘南は、チームメイトの失態をフォローすべく懸命な攻撃を仕掛ける。

しかしここまで11試合で3失点(!!!)という鉄壁の守備を誇る横浜FCの牙城を崩すことはかなわず、追加点を決められてジ・エンド。
2002年8月以来となるはずだった三連勝の望みはここに潰えてしまった。

とはえいGW進行下にあるスケジュールは、建て直しに十分な期間などくれはしない。
次の相手は降格御三家の一角、ヴィッセル神戸。
第1クール最後となるこの戦いに挑むにあたり、湘南は田村/ファビオを出場停止で欠くこととなる。

怪我人が多く、GKから被った精神的ダメージも大きい。
こんなときだからこそ、チームの総合力が試される。
全員一丸となって、戦え!ベルマーレ!

 ゴールデンウィーク

さて、ゴールデンウィークである。
勤め人の私はGWといえどもカレンダー通りの休みなので、5月に入って最初の休みでもある。
それにしても天気が良いのぉ〜。

14時キックオフでスタジアムに着いたのが13時20分くらいであろうか。
屋台村なども出ているそうだが、メインゲート側では特に出店もなし(5ゲート裏に出てたらしい)。
そのメインゲート、入り口の上り階段では一番下まで行列が出来ている。

うーむ、好条件が重なったとは言え、ここまで混雑するとは。
日本経済が回復基調にあるというのに、みなさん遠出はしないのかね(いや、スタジアムに来てくれるのは、素直に嬉しいが)。

もはや1ゲ席には座れぬだろうと見切りをつけてさっさと4ゲ席に向かう。
おお、こちらも結構埋まっているな。それでも端のほうにはまだどかっと空席エリアが広がっている。
よいしょと腰を下ろし、キックオフを待つ。待つが、その間にもワラワラわらわらと人がどんどん増えてくる。

最終的には立ち見や座り見(通路・階段に座って観戦する人)も出たが、いつもよりかなりお子様が多い感じがする。
右には赤ちゃん(を抱いたお母さん)、前には幼稚園児、左には小学生、後ろには中学生、と四方を囲まれている。

ふむ、この年齢層の一般客(あんましベルマに興味が無い人のことを指して使っています)は雨だと来場してくれないからな。
やっぱりお天道様の影響はデカイ。

こんだけ客が入ってるんだから、今日は勝ってくれよ。間違っても無様な負け方/プレーはしないでくれ。
特にコバ。

 GKコバ

そう、今日のGKはコバ。
前節、ありえないミスでチームを敗戦に追い込んだA級戦犯であるが、なぜか今節も先発。

私が監督ならコバを先発には持ってこない。というか、サブにも入れない。
しかし上田監督はコバを先発に使う。

ま、この辺は監督の考え方なのでなんともいえない。
コバは安定感は無いけど、あたっているときにはGKの神が憑依しているんじゃないかと思うほど素晴らしいセービングをしてくれるGKだ。

別段、普段どおりにプレーしてくれれば、それほど文句は無い。
まあ、前節があって、すぐの今節だからイライラしているんだろう、自分。
前節三ツ沢に行っていたら、それこそこの時点で野次のひとつも飛ばしたかもしれない。
ま、私の中では密かに「コバのスタメンもアリかもな」と思っていたので、ここでは不問に付すこととする。

もっともそれでも、今節のコバ先発は「ラストチャンスが与えられた」と見るのが普通だろう。
この前の失態をここで取り返せ…監督がそういった気持ちで送り出した先発GKなのだろう(と思いたい)。

この賭けがどうでるか。
とにかくコバがゴールを守る以上、つまんないわだかまりは無しだ。
応援するぞ、コバ!お前の力を見せてくれ!

 先発

ま、コバはともかく他にも見るべき点はある。
今節は田村とファビオが出場停止(田村はともかく、ファビオはイエローもらいすぎだろう…)
その代わりは誰が来るかと楽しみだった。

結果は、
田村⇒外池
ファビオ⇒坂本
となった。
ふむ、FWに坂本とは、梅田はまだ駄目か。
源気がサブなんだが、FW先発では駄目ですかね、上田監督…。

個人的には外池先発は嬉しい。CBで出場だが、トノなら大丈夫だろう。
坂本FWは、むしろフリーマン的な動きになるのかな。
お、サブに城定が復帰してるな。戸田はどうなったんだろう…。
なんて感じでメンバー編成を楽しんでいました。

一方神戸は三浦アツ位しか知っている選手がいないな。
いや、北本とか、朴とかも知ってるか。ああそうか、栗原が出場停止で来てないんだったな。
栗原が見られないのはちと残念。 まあ、ホームゲームでは二試合連続で元湘南ボーイにゴールされてるんで、あらかじめ不安要素が取り除かれているというのはよいことだ、と思うことにしよう。

 試合開始

晴天満員の競技場。 定刻どおりに選手が入場。
おお、今日はフェアプレー旗に加えてフリーデン様の特製フラッグも一緒に入場だ。

そしてフリーデンのお偉いさんからは、ブタ1頭がチームにプレゼント。
悠介キャプテンががっしり受け取る(本物じゃなくてプレートだけど)。

これで今夜は豚カツか?と、のたまう私に対し、
「いや、エンジの神戸牛がくたばるからステーキだよ」とは連れのコメント。
おお、旨い事言うじゃない!

さて、この頃には私の周りも既にリアルでぎゅうぎゅう詰め。
ゴール裏を空けないようなので1万は超えないだろうが、少なく見ても8千はいるだろう。

天気良し、客入り良し、ビールも美味そうだ(飲まないけど)。
役者はそろった。さあ、見せてくれ!お前らの力を!
そして勝利を!

 試合雑感

全体的には一進一退だったと思う。
神戸の攻撃は中央よりなものが多く、DFラインをうまくすり抜けるものの、シュートが不発に終わるというパターン。

一方の湘南はサイドが良い感じで機能している。
右も左も攻撃的に押し上げて、シュートまで行かないものの、とりあえず攻撃の形は出来ている、という感じ。

コバは前節の大チョンボの汚名を返上すべく、至近距離のシュートを防ぎまくる。
相手FKも綺麗にはじいて、接近戦に強い本領を存分に発揮。

DFラインは少しドタバタしている感じがしないででもない。
クリアとフィードがはっきりしていないというか。
それでも相手に「最後の一歩」を許さない粘り強い守備でゴールを許さない。

先制は湘南。
右サイドで得たFKに外池が頭で合わせてゴールゲット!
うは、目の前でのトノゴールだよ。ラッキー♪
しかし綺麗に決まったな今のは。さすがは元FW、外池大亮。
前半終了間際でまさに「良い時間帯にとりましたね〜(by原博美)」だ。

そしてそのまま前半終了。
いや、気持ちよい。げに素晴らしきはゴールかな。

さて、後半。
風上に立ったわけだけど、それほど前半と変化は無し。
神戸は再三DF裏に良いボール/嫌なボールを入れてくるのだが、それがゴールに結びつかない。
途中、バロン(ここにいたとは!)を投入したりするものの、流れを手繰り寄せることは出来ず。

コバの神通力が効いたのか、何度も「やられた!」というシーンがあったのに、ことごとくシュートはネットを揺らさず。
枠外、ポスト、蹴りそこない、と、ラッキーといえばそれまでだが、これはGKを含めた守備陣の粘っこいディフェンスを褒めるべきだろう。

梅田を投入して突き放しに掛かったところ、この梅田、うまい具合にPKゲット。
しかも相手を退場に追い込むオマケ付き。
PKは望さんがするするっと決めて、スコアは2−0へ。この時点で勝負アリ。

梅田が怪我で交代してしまったのが気がかりだけど、それ以外は文句なし。
実は本日、ノーカードデーと相成りました(シーズン初の快挙じゃない?)

 気になった選手

外池。
久しぶりの出場ながらしっかりゴールという結果を残したのはさすが。
CBとしては、どうなんだろう。なんとなく動きが硬いようにも見えたが。

ニヴァウド。
相変わらず効いている。今の湘南には既に無くてはならない存在だ。

コバ。
至近距離から止めたシュートは数知れず。FKもしっかり防いだし、見事に名誉挽回だ。
まあ、攻撃の起点としては余りにもお粗末なキックが多いのだが、 守備専門GKとしてみれば、今日の結果は満点だ。
これを切っ掛けに、安定感と安心感のあるGKになってほしい。

松本。
よかった。
DFラインで相手の突破を再三止めていたし、大きなクリアや冷静なパスだしもクレバーだった。
私の中ではMOM筆頭候補だったが、「いや〜無失点だしゴールも決めたし、今日はトノでしょう」という連れの予想に、なんとなく得心していたのだが…ふと見れば7ゲ席前に設けられたお立ち台に向かう22番の姿が!
いや〜誰だか知らないけど松本をMOMに選んでくれた誰かさん、ありがとぉ!

アジエル。
攻撃にはアクセントをつけるし、守備はサボらずやるし、味方との連携がうまくいかなくてもキレることなくプレーしてくれるし。
ウチにはもったいないほど良い選手だ。

佐藤。
右サイドから左サイド奥の梅田に出したロングパスはすごかった!
さすが悠介、レフティースナイパーの面目躍如という素晴らしいパスだった。
これで危い守備をしなければJ1レベルの選手になれるのだが。

オマタ/加藤望。
クロスの精度をもう少し何とかしてほしかったよ…。

エメルソントーメ。
退場になって控え室に戻っていくとき、シャツを脱いで上半身裸になったんだけど、腹筋スゲー!
見事に割れてる。男の俺も見とれてしまった…。

 MOM

MOMには松本が選出。
自分の意見と同じ選定だったのでかなり嬉しかったのだが…。

「いや、松本は元神戸の選手でしょ?だから『キミらのチームを首になった選手は、ウチで大活躍ですよ』みたいな感じを神戸サポに あてつけたかったんじゃないの?いやゆる嫌味な嫌がらせなんじゃない、この選定は」とは連れの言葉。

う、なんてひねくれた見方だ、感心するよ(デモ、イチリアルカモ…)。
いやいや、そんなことはない。今節の松本は素晴らしかったぞ!

 華麗なルーレット

神戸の選手は、さすがに美味いね。
柏、東京Vと対戦したときも思ったけど、パス/トラップなどの基礎技術がキチンと出来るチームだ。
まあ、J1から落ちてきたチームというのは概ねそうなんだけど、ウチの選手のプレーを何時も見ているとね…。

ダイレクトで出すヒールパスとか、ワンツーでサイドを突破するプレーとか、さすがと言うほか無い。
まあ、それで試合の優位を握れるかというと、J2においてはそうじゃないこともある。

今節のプレーで、神戸の選手がPA内で華麗にルーレットを決めたシーンがあった。
その後、ウチのDFが絡んで倒してしまったときには「やばっ!」と思ったけど、なぜか倒された神戸の選手がファールをとられていた。

まあ、あれだ。
J2で笛を吹いている審判が、そんな高度なプレーについてこれるわけは無い、ということにそろそろ気が付いたほうが良いと思うよ。

 第1クール終了(早いなぁ)

これで早くも第1クールが終了。
全チームと試合をしてみて、一番強かったのは札幌。
次が柏。
後はそれほど差がない、という印象。
特に札幌は、ウチの出来が悪かったというのもあるのだろうが、全く別次元の強さだった。

今のウチに足りないのは守備力。
12試合やって17失点は取られすぎ。無失点試合は三試合のみ。

逆に攻撃力は良い感じだ。
15点取ってるし、取ってる選手もバラけている(アジ、ファビオ、横山が各3点、望が2点、ニヴァウド、悠介、外池、オウンゴールが各1点)。
セットプレー、PK、流れから、と取り方も多彩だ。
この結果を見るに、チームとしては上田監督のやりたいことが出来ている、という事だろう。

ホームで強いのも良いことだ。
6試合やって4勝1敗1分。鳥栖に0−1で負けた時以外は、全ての試合でゴールも記録している。
まあ、アウェイでは1勝3敗2分と散々なんだけどね。

今のうちのアキレス腱はニヴァウドだろう。彼は替えが効かない。
何処のチームでもそういう選手はいるのだろうが(吉井をトップで見てみたいが)、彼がいない時にはチームの総合力が見えてくるはずだ。

現在の順位は5位。これは評価に値する順位だと思う。
チームをバラしてメンバーをほとんど入れ替えたにもかかわらず、キチンと勝ち点を拾ってこの順位につけているのは、いや、たいしたもんだよ、マジで。

とはいえ、昨シーズンも第1クール終了時点では5位だったんだよな。
参考までに今年と去年の「1試合当りの数値」をちらっと書くと、

シーズン 勝ち点 得点 失点
2005(1クール終了時点) 1.55 1.09 0.91
2005(全日程終了時点) 1.23 1.05 1.34
2006(1クール終了時点) 1.50 1.25 1.42

という感じになり、やはり失点が問題だと思うわけで…。

まあ、どんなチームを作るかは監督次第だからね。
殴り合いに持ち込んで最後まで拳を突き出せるチームを作るか、
粘り強くカウンターチャンスを待ち続け、一撃に賭けるチームを作るか。

今、上田監督が作っているチームは、それほど私の好みから外れているわけじゃない。
理想的ではないけど、ホームで勝ちゲームを見せてくれるのであれば、それ以上の望みなど無いよ。

もうすぐW杯も始まるけど、J2はその期間も続いていく。
例年のことがあるから未だに懐疑的な私ですが…。ま、自分とこのチームに期待するなってのは無粋だよね。

 ところで

ところで今夜は焼肉でした。
神戸牛とはいかなかったけど、平塚市内の「快」という焼肉屋でたらふく食べました。美味かった。
次のホームゲームも勝って焼き肉喰うべぇ!


【←前頁】【次頁→】

Copyright 2001-2006 練馬上石 All rights reserved.
Mail to :練馬上石