TOPページ > 2006年 J2 第1節 柏レイソル戦
最終更新日:2006年3月4日

Jリーグ ディビジョン2 第1節 / 2006年3月4日(土) 日立柏サッカー場 14:04 KickOff
柏レイソル 対 湘南ベルマーレ / 1-1 で引分
(スカパーにて観戦)

 素晴らしきドロー


 J開幕

さて、いよいよJ2開幕である。
今年は例年ほどワクワク感が無いというのが実情である。昨シーズン末の大量解雇をいまだに引きずっているのか、鈴木ヨシカズのその後が気になるのか。

基本的にアウェーには行かない私なので、当然、柏戦も自宅でスカパー観戦。
スカパーは何を思ったか、今シーズンはJ2全試合生放送。それほどJ2の需要があるとも思えないのだが、私にとってはありがたい事である。
午前中の内に掃除洗濯を済まして、テレビの前に鎮座して待つ。

開始前にネットでスタメンを確認する。

   ファビオ 横山
加藤        アジエル
   悠介  ニヴァ
尾亦 城定  松本 須田
     伊藤

おお、すごいスタメンだ。 11人中8人が新加入選手で占められている。
その中でセンターバックとしてラインをコントロールするであろう城定の存在が光る。
うーむ、私にいまだに城定の素晴らしさが分からんが、監督には見えるところもあるのだろう。

外国人3人がそろってスタメンというのも良い感じ。
やっぱり助っ人として呼んでいるんだから当然のごとくスタメンを張ってもらうくらいで無いと困るってもんだ。

初戦の相手、柏…柏というより石崎ノブりん監督だろう。
降格してきた3チームの中では、柏が一番怖い。つーか、ノブりんが怖い。あまり相手にしたくない監督だ。

 柏有利な展開だな…

さて、キックオフ。
お、良く見たら湘南は背番号上のスポンサーエリアが青いじゃないですか。
オフィシャルHPではスポンサー継続が決定したといっていたのにどうしたのだろうか。気になるな。

しばらく見ていると、いかにも湘南が押し込まれている。
まあ、そうだろう。1対1で勝てない、連携が良くない、細かいミスが多い。
悪いときの湘南を絵に描いたような展開だ。

新加入選手が多いので、連携面では不安があるだろうと思っていたけどココまでとは。
ココまでチームの完成度が低いとは思わなかった。

スローインをマイボールに出来ないし、
ボールを持った選手と重なるように別の選手がいるし、
ロングパスも封印したようにお目見えしない。
悠介は目立たないし、
サイドは侵食されるし、
低い位置でミスからピンチを招く。

正直言って、良くぞ前半0失点で済んだなという感じですな。

一方、柏のプレーを見てれば、確かに上手い。
個人、チームとさすがは元J1、さらにそいつをノブりんが鍛えてるんだから悪いチームのわけがない。

ただ、覇気がない。
なんつーか、余裕をかましている、という感じではなくて、淡々とプレーをしているというか。
これが柏のカラーなのか?昔のレイソル(ミョンボとかがいたとき)はもっと泥臭いサッカーをしていたと思うのだが…。

とにかく押し込まれつつも無失点で前半終了。
後半は柏もエンジンかけてくるだろうと予想しつつハーフタイム。

 「失点なんて気にするな。得点取るために試合してんだろ?」

後半、セットプレーからの失点は、まあ、予想の範囲内。
そもそも今シーズンの湘南は守備力の強化をしていない。なので、上位チームはおろか、下位チームと戦ったって失点するのは目に見えている。

問題は得点力だ。柏相手に、アウェーの地で得点することが出来るのか。
それが一番の見所であったのだが、前半からの動きを見ていると、セットプレー以外期待できそうにない…。

とか思っていたのに、柏のディエゴがさがったあたりから段々と湘南にも攻撃の形が出来てきた。
湘南のキモと言われている(まあ、私もそう思うが)両サイドバックが何とか上がれるようになってきて、アジエル/ファビオがボールに絡んで柏を押し込めるようになってきた。
つーか、柏が守りに入ったのだろうね。

戸田と田村を入れてパワープレーにしているのにハイボールが入らない。
柏は完全にカウンター狙いで守りを固めている。きついかなぁ〜と思っていたロスタイムにファビオのゴール。
こりゃ、柏に行ったベルサポは最高だっただろうね。

得点の場面では悠介→須田→ファビオだったけど、これは柏からすれば悔いが残る結果でしょうね。
須田がボールを受けたときは(湘南から見て)右サイドが大きく開いていたし、ファビオのヘッドは体を入れられているし。

エリア内にあれだけ人をかけて守っていたのに、1プレーを凌ぎきれずにホーム開幕戦を勝利で飾れなかったのだからかなり悔しいだろう。
いや、私が柏サポだったらテレビに拳を突きたてかねないくらい悔しいね。
悔しくて1週間、イライラしっぱなしだろうね。

そう考えるとファビオのゴールはものすごい価値のあるゴールだったな。
なんてったってアウェーで格上相手に勝ち点1だからね。
私的にはこの結果には満足です。

 気になった選手

須田。
良い選手だ。腰を落としたシュートといい、正確なクロスといい、一試合見て気に入ってしまった。

アジエル。
ボールを持って切り込める選手なのだな。やっぱり助っ人はこうじゃないと。
顔は山賊みたいだけど守備の意識もちゃんとあるみたいだし、期待大。

ファビオ。
なんかイエローを沢山もらいそうな感じのする選手ではあるが、とにかく今節は結果を残した。
試合中の表情も豊かだし、周りを使うことも出来そうだ。
何より公式戦初登場でゴールを決めてくれるというのはこれ以上ないアピールになったはず。
基本的に大きな選手が好きな私であるので、彼にも期待してしまいます。

悠介。
自陣深いところで危なっかしいボールキープをするのは相変わらずなのか…。
得意のロングパスも今節は見ることが出来ず。悠介がもっともっと活躍してくれないと、勝ち点を積み上げることは難しい。

伊藤友彦。
コバと比べると明らかに落ち着きがある雰囲気をかもし出している。
失点の場面は、まあ、しょうがないか。ちょっと危ないプレーもあったけど、まずは無難にプレーできたというところか。

加藤望。
古巣対決は意識するところがあったのだろうか?
余り効果的なプレーは出来ず。次節以降に期待。

戸田。
今年もDF登録でFWとして使われるのか…。

ニヴァウド。
彼はDMFとしての役割を果たしていたか?
彼のポジションが湘南のアキレス腱となるのは目に見えているので、やや不安が残る。

北嶋。
彼のヘッドが不発だったことがこの試合の結果に大きく影響したことは間違いない。
「これを外すか!」というシュートが2,3あったけど、その他のプレーはさすがというものだった。

 アウェーでドローは満足できる結果

私は今シーズンのJ2は柏(というかノブりん)がトップを取ると思っているので、そのチーム相手にゴールと勝ち点1を取れたことはとても評価できると思います。
ロスタイムの同点弾ということで相手に与える精神的ショックも大きく、気持ちよく1週間をすごせそうです。
ただ、現時点での湘南は驚くほど完成度が低い。ですが、それほど悲観するほどではありません。

なぜなら外国人が良い。
ファビオ/アジエルは個人の力で前線をかき回すことができる。やっぱり助っ人はこうじゃないと。

お膳立てしなけりゃゴールできないとか、お膳立てするところまでは出来るよとか、そういう選手は外国人助っ人じゃなくてもいいのです。

一人で持ち込みゴールを決められるとか、ボールを持ったら2,3人の相手DFを切り裂いていけるとか、そういった能力こそ、外国人助っ人に求められるモノなのです。

J2を勝ち抜くには色々な方法がありますけど、貧乏チームに当てはまる勝利の方程式は、
「堅い守備」+「反則外国人FW」だと思っています。

ファビオ/アジエルが「反則すれすれ」のレベルで良いから活躍してくれれば、上への階段が見えてきます(まあ、守備は堅くないけど)。

今現在、チームとしてのプレーはかなり精度が低い。
ただ、ディフェンスの受け渡しとか、選手間セットの連携とか、セットプレー時の動きとか、そういったことは試合を重ねていけば向上する部分でしょう。
今が最低ラインと思えば、今後の楽しみがあります。

後半の最後、柏を押し込んだ攻撃にはなかなかに見るところもありました(最初からやれ、というのはいつもの感想)。
負け試合だったものを根性でひっくり返し…、いや、逃げ切る相手を引きずり倒し、というところですかね。
ブラウン管を通して見た柏戦、なかなかに今シーズンに期待の持てる試合だったと思います。

しかしサブにFWを入れないのは、状態の良い選手がいないのか、戸田に対する信頼が厚いのか…。
相変わらず上田監督の考えは読みにくい…。


【←前頁】【次頁→】

Copyright 2001-2006 練馬上石 All rights reserved.
Mail to :練馬上石